2016年8月5日金曜日

44歳時の凍結胚を移植して卒業した46歳例

先日、44歳で採卵・凍結保存した胚盤胞を移植して妊娠、卒業された46歳の方がいらっしゃいましたので、ご紹介致します。
やはり高齢の方はなおさら、採卵できるならばできるだけ多くとる方がよいのではないか、と感じた1例です。

当クリニックには43歳で来院、すぐに人工授精・体外受精を開始しました。AMHは2.45と良い状態でした。
3回の体外受精では妊娠せず、胚盤胞の凍結もできませんでした。
DHEA、アシストワン、メラトニンを併用しつつ、
4回目の体外受精(44歳)では、11個採卵、2個胚移植し、妊娠するも流産。
2個の胚盤胞を凍結保存していましたが、後日1個の融解胚を移植して、妊娠。45歳で出産。

今回は、46歳(出産後8ヶ月)で、残りの1個の胚盤胞を融解移植して妊娠し、卒業されました。

この方は卵巣機能もとても良く、排卵誘発剤に良く反応して、たくさんの卵子が得られました。
高齢の方は、やはり、卵子を多くとれるならばできるだけ多くとっておく方がよいということでしょう。
この方は、44歳で胚盤胞を凍結保存できていました。40歳を超えると、2年の差は非常に大きいものです。採卵数が期待できるにもかかわらず、排卵誘発剤をマイルドにして少ない採卵数の場合には、妊娠、出産して、その後に再度採卵から始めると、妊娠できるできるかどうか難しいことが予想されます。
例えば、この方の場合、46歳で採卵から始めると、当クリニックでもトップ3に入る年齢での妊娠を期待する必要があるのです。
少しでも若いうちに、胚を凍結しておけるならば、高齢でも妊娠できる可能性が、採卵時の年齢相応に期待できるのですね。



2016年8月4日木曜日

AIH6回後のHSG後の自然妊娠例

移転後1年経ち、体制も落ち着いて整ってきて、すぐの体外受精までは考えていない場合でも、妊娠を積極的に考えている方は受診を受け入れることでできるようになりました。

今回は、一般不妊治療での妊娠例で、HSGの重要性を感じた30歳前半の1例です。
体外受精もできる前施設で、AIHを6回受けて妊娠せずに当クリニックを受診されました。
そろそろ体外受精を考えていらっしゃいました。
当クリニックでもその準備として、HSGと子宮鏡検査を施行しました。子宮鏡検査では1cm程度の子宮内膜ポリープがあり手術も予定していました。
生理が来たらポリープの手術をしましょうとしていたところ、生理が来ないと言うことでした。
HSGと子宮鏡検査を施行した周期に自然妊娠されたのです。
この方は、HSG検査を受けずに、通水検査のみをうけて、AIHを6回受けていたのですね。当クリニックでは、通水検査はあまり重要視しておらず、ほとんどおこなっておりません。通水検査は、開通の有無が不明瞭であり、左右の状態の把握が不可能で、癒着も全くわからないのです。一方、HSGはその後の妊娠率は圧倒的に高いのですね。卵管の通過性を良くする治療目的で、HSGは1年ごとの検査を当クリニックではお勧めしています。
内膜ポリープがあっても、これも絶対的な不妊原因とも言えません。この方はポリープがあっても妊娠された幸運な方ですが、高額な体外受精を予定する場合には、やはりポリープの手術はしておく方がよいでしょう。一方、よりHSGの重要性を示す事にもなりました。

私は簡単におこなえて、妊娠の改善を期待できるHSGを重要視しています。
また、(子宮と卵管の境の)間質部が閉塞している場合には、全国的にも少ないと思いますが、閉塞部側のみにカテーテルを進めて圧をかける、選択的卵管造影開通術もおこなっています。これで通常のHSG閉塞している卵管の半分は開通するのです。
それでも閉塞している場合には、卵管鏡下卵管形成術(FTカテーテル)も日帰りでおこなっています。結構卵管にこだわった治療をおこなっているのですね。

前医で体外2回、顕微1回のART反復不成功後の初回AIHの妊娠例

前医で体外受精2回、顕微授精1回受けたART反復不成功であった34歳の方が、AIH 1回目で妊娠されました。
当クリニックでも体外受精に向けて準備しており、次月に体外受精をする予定でした。
準備段階では、卵管造影検査と子宮鏡検査をしており、その周期でAIHをおこなったのです。
体外受精目的での受診、検査、AIH妊娠で、2ヶ月での卒業となりました。
この方は非常に幸運であったと思います。
しかし、体外受精を目的にしていても、卵管造影検査と子宮鏡検査をおこない、AIHも決して無駄ではないことの一例でもあります。妊娠のために手段を体外受精のみに限らず、可能性を広くとらえることも重要だと当クリニックでは考えています。

乳がん手術後、40歳の卒業

先日、乳がん手術後の40歳の方が、妊娠されて卒業されました。
乳がん手術は今年に受けていらっしゃり、術後のホルモン療法を検討されていました。しかしホルモン療法を開始すると、生理が止まり、妊娠は延期されます。
今回は妊娠を優先されて、体外受精をすぐにご希望されました。
ご本人のご希望もあり、ホルモンをあげたくないとのことで、乳がん治療薬のレトロゾール(フェマーラ)のみでの排卵誘発を採用しました。
7個採卵、4個は未熟で、3個受精、1個移植して、幸運にも妊娠し、卒業となりました。また、幸いに胚盤胞も1個保存できました。
今後、良い経過である事を祈るのみです。がんばれ~。
乳がんの方の場合には、排卵誘発剤でのホルモンの上昇を抑えるために、レトロゾールがしばしば用いられます。一方、妊娠中は排卵誘発剤使用時と同等以上のホルモンの状態が10ヶ月も続くので、排卵誘発剤使用の2週間程度は、実際には無視できるものとなり、誘発剤の使用方法にはあまり心配されないでも良いでしょう。

7月の妊娠数94例 もう少しで大台だった!

2016年7月の妊娠数をご報告致します。

2016年 7月の妊娠数 94例 (今年3位タイ) 

ART妊娠    70例    (内訳:  IVF 15例  ICSI 15例    凍結胚移植 40例) 

 AIH妊娠    18例     

その他一般不妊治療   6例  (タイミング、クロミフェンなど) 

7月の妊娠数94例と100例の大台までもう少しと健闘しました。成績は今年3位タイという、微妙なところで、「平均的」とも言える成績です。特徴としては、今月はICSI妊娠が15例と今年最多と健闘した印象です。
7月までで、AIHは118例(月約20人)、ART全体408例(月約60人)、凍結胚移植269例(月約40人)の方が妊娠されているところです。
6月の巻き返しもあり、7月までで605例の妊娠と、年間1,000例妊娠のペースを何とか回復しました。
このまま、月間100例以上の妊娠を目指してがんばります。

2016年7月21日木曜日

NHKで糖質制限の番組2編

先々週の「ためしてガッテン」、昨日の「クローズアップ現代」で、糖質制限のテーマで放送していました。
糖質制限でダイエットが成功した例もありましたが、ふらつく、筋力低下、脱力感などの副作用があり、危険性もあり注意が必要だ、との主張でした。
しかし、今回の副作用に関しては、単なる誤解から来る副作用である事がわかります。

当クリニックでも、今後不妊治療に糖質制限の考えを応用しようとしています。当クリニックでの妊活食は、以下のような注意、勘違いの補正が必要なのですね。

1)糖質制限とは、単に糖や炭水化物を少なくすれば良いと考えていませんか?
 糖質制限食とは、単に糖や炭水化物を減らすのではなく、タンパク質や脂肪をたくさんとる必要があるのです。
 簡単に言えば、おかずをおよそ2倍にして頂ければ良いのです。例えば、1日、肉は200g、卵は3個以上、チーズは6個以上、などをとって頂きたいのです。最近はMEC食(ミート、エッグ、チーズ)と言う言葉も用いられています。
むしろ、タンパクや脂肪をどんどんとって頂く必要があるのです。「制限」ではなく、「タンパク、脂肪を増やす」のです。
 めまいや筋力の低下、脱力感は、単にエネルギー不足なのです。もっとしっかりた食べる必要があるのですね。しかし、糖質制限をしていれば、身は引き締まって、筋肉はつきます。

2)脂肪、油は悪いものと考えていませんか?
 むしろ、脂肪や油はどんどんとった方がよいのです。バターやラードはどんどんとって下さい。これで血糖は上がりません。マーガリンは悪い油ですので、とらないようにして下さい。

3)コレステロールは悪いと考えていませんか?
 実は、コレステロールは細胞膜を作っているのです。悪者ではなくむしろ必要なのです。最近ではコレステロールが多少高くても気にする必要がないとされています。むしろ、コレステロールが低い方が死亡率はずっと高くなるのです。

今後、タンパク質、脂肪をしっかりととるような栄養相談をして、しっかりとMEC食を不妊治療に応用したいと思います。準備できましたらばまた皆さんにお知らせ致します。


2016年7月16日土曜日

座薬鎮痛剤で、どれだけの採卵が可能でしょうか?

多くの方が、採卵時の痛みを気にされています。
膣から体内に針を刺すのですから、緊張して、怖がることは当然のことと言えるでしょう。
当クリニックでは、3種類の痛み止めの方法を採用しています。
1)ボルタレン座薬:  意識はあり、採卵後すぐに歩いてベッドに帰床。

2)ペンタジン点滴:   意識はあり、採卵後すぐに歩いてベッドに帰床。ボルタレン座薬よりも鎮痛効果は強い。使用後、しばしば吐き気が強い。採卵時の卵子の様子をモニターで見ることも可能。

3)プロポフォール点滴(麻酔):  意識はなく、痛みは全く感じない。採卵時の卵子を見ることはできない。

10個以内の卵子が少ない場合にはボルタレン座薬を主に使用します。この場合には、多くの場合、主に高橋が採卵をおこないます。
一般的には、ボルタレン座薬を使用する方から順に採卵を始めます。次にペンタジン、最後がプロポフォールの方の順になります。
採卵数が多い方や、採卵時の痛みがとても怖い方にはプロポフォールの麻酔がお勧めです。この場合には、藤田医師や熊耳医師が主に採卵をおこなっています。

ところで、先週、ご本人の意向もあり、お二人の方が、卵子数がたくさんにもかかわらず、ボルタレン座薬のみで採卵をおこないました。
そして、採卵数は、 23個と 21個の卵子が得られました。 
採卵は、高橋がおこないました。
お二人とも、採卵中、私や看護師さんと話をしながら、顕微鏡で卵子を探している様子もモニターで見ながら、採卵に要した時間は、15分8分でした。
採卵後はすぐに起き上がり、ベッドに帰床しました。
採卵中、痛みを感じないわけではありませんが、今では穿刺針も細いものを使用しているので、このように20個以上の採卵数の場合でも、座薬でおこなえる事があるのですね。これが最初というのではなく、ときどきあることなのです。
もちろん、すべての方に座薬のみで採卵が可能なわけではありませんが、採卵にとても不安を感じている方に、その不安を低下する材料になればとご紹介致しました。

2016年7月7日木曜日

アシストワンが雑誌で紹介されました!

先日、アシストワンが、雑誌で紹介されました。
他のサプリメントと一緒なのですが、皆さんにもご紹介致します。
先日発売された主婦の友社の「妊活スタートBOOK」の「サプリメントカタログ」のなかに、しっかりと紹介されています。
紹介ページの中央に燦然と輝いてきますね!皆さんわかりますか。

なんですと~~! わからないとおっしゃる!
しかたない。その部分を拡大致しますよ。よろしいですか。


いかがです!しっかりと紹介されているでしょう。
紹介文もしっかり読めますでしょう?
なんですと~~! 読めないとおっしゃる!

よろしいですか~!

抗加齢学会専門医(つまり私のことです)が開発
医薬品レベルのサプリメント
抗加齢医学を生かし開発された、医薬品レベルのサプリ。成分は男女兼用できる内容、かつ高濃度配合。個別包装で成分の劣化も防止。

良くぞ紹介して頂きました。
多くの方に知って頂けるきっかけになって欲しいものです。
少しでも皆さんの卵子や精子の状態が良くなるとうれしいな~~。





2016年7月6日水曜日

45歳、AMH<0.1、妊娠卒業!

45歳、AMH<0.1、体外受精で妊娠、卒業された方がいらっしゃいましましたので、ご紹介致します。出産時は46歳ですので、今年のシーズン記録です。

43歳で、もうおひとり、お子さんを希望されて来院。子宮鏡で子宮内膜ポリープを認めたために、内膜ポリープ切除術を施行。
1年前にすでにAMH<0.1となりましたが、体外受精を開始しました。
1回目 採卵3個 2個移植 化学的妊娠 クロミッド周期
2回目 採卵2個 2個移植   クロミッド周期
3回目 採卵4個 2個移植  クロミッドーHMG周期
4回目 採卵1個 移植できず  クロミッド周期
5回目 採卵3個 1個移植 妊娠、卒業   クロミッド周期
この間、DHEA、ビタミンD、葉酸を服用。
参考になることとしては
1)やはり、子宮鏡でしっかりと子宮内腔を検査する必要が確認できます。
2)AMH<0.1で1年たっても、卵子が複数とれることがあるのですね。ただ、これは個人差が大きいでしょう。
3)この方も今回が最後かもと考えていらしたそうです。今回は非常に幸運であったと思います。40歳以上ではやはり急いで治療に入る方がよいでしょう。
出産まではまだ道のりが長いですが、良い経過であることをお祈りしています。
 

2016年7月5日火曜日

他院で顕微授精3回後の40歳AIH妊娠例

このところ、ART以外での妊娠例が続きますが、またひとりご紹介致します。

前医で、顕微授精での採卵2回、胚移植3回の40歳の方が、比較的遠方から当クリニックにいらっしゃいました。
当クリニックでは、少しでも妊娠する可能性を高めるために、ART予定でも、すべての検査をおこなっています。特に反復不成功の方には一通りの検査は、見落としがないか確認するために、むしろとても重要なのです。

この方には、子宮卵管造影検査と子宮鏡検査をおこないました。
そして、子宮鏡検査をおこなったところ、12×6mmの子宮内膜ポリープがありました。反復不成功の方で、子宮鏡を受けていない方には子宮鏡は是非お勧めです。(今回は前医では子宮鏡検査は受けていなかったようです) 着床障害の検査には、子宮鏡検査は必須ですね。この方には、子宮鏡下の日帰り手術で子宮内膜ポリープを切除しました。

また、甲状腺機能の検査では、TSHが上昇し、甲状腺機能低下傾向があったので、チラジンSも補充しました。

内膜ポリープ切除後の周期には、翌周期に体外受精を控えていたので、自然周期での人工授精をおこないました。そしてなんと、以前は顕微授精を受けていたのですが、1回目の人工授精で妊娠されて、胎児心拍も認めたのです。
ご夫婦お二人とも今回の妊娠にとても驚かれて、胎児心拍を見たときには非常に感激されたようで、信じられない、とおっしゃって帰宅されました。

大切な教訓としては、
1)ARTをおこなう場合でも、基本検査は重要です。(子宮鏡、卵管造影検査、基本ホルモン検査、など)
2)精子の状態はかなりばらつきます。顕微授精を受けていても、タイミング、人工授精なども、無駄ではないのです。ARTの合間にはどんどんおこなって良いのですね。
3)子宮内膜ポリープや、重症の卵管水腫は、着床障害の大きな原因です。ARTでも子宮鏡や卵管造影検査はむしろ大切な検査であるとお考え下さい。





6月の妊娠数115例(記録更新しました)

6月の妊娠数が出ました。なんと、115例とクリニック最多の妊娠数でした。これは非常にうれしいです。ありがとうございます。1日16名の妊娠日もあり、月の記録更新の期待も少ししていましたのです。月100例以上は4回目です。

2016年 6月の妊娠数 115例 

ART妊娠    86例    (内訳:  IVF 29例  ICSI 8例    凍結胚移植 49例) 

 AIH妊娠    20例     

その他一般不妊治療   9例  (タイミング、クロミフェンなど) 

5月の妊娠数は少なかったのですが、6月は5月の2倍近くの妊娠数でした。特に伸びたのは、IVFの新鮮胚移植の妊娠でした。ラボのシステムを少しずつ改善・変更しているのですが、その現れであるといいな~。凍結胚移植は、妊娠100例だった2月と同じ49例でした。

2016年6月26日日曜日

体外受精・顕微授精の合間の、自然妊娠の2例

体外受精・顕微授精で妊娠せず、この1ヶ月で、合間で自然妊娠された2例をご紹介致します。
体外受精までしているので、体外受精で妊娠される方が、当クリニックの実績を誇れると思うのですが、やはり医療は、すべてをコントロールできるわけではないのです。
体外受精をしていても、少しでも妊娠率を上げるために、卵管造影の検査やタイミング、人工授精なども合間に入れることも大切ですね。

1)42歳 PCO  AMH7.52  HSGは正常。 1回目顕微授精で妊娠せず。胚の状態、中~不良。顕微授精不成功後3ヶ月で自然妊娠し、卒業。

2)40歳  AMH 1.69  HSG&子宮鏡;正常 筋腫4cmあり。1回目の体外受精で妊娠せず。胚の状態、中等。体外受精不成功後、2ヶ月後に自然妊娠し、卒業。

ひと月に、このように体外受精で妊娠せずに、自然妊娠される方もいらっしゃいました。皆さんも体外受精をしていても、性交渉やAIHを意味のないものと決めつけずに、性交渉をどんどんお持ち下さい。顕微授精が必要でも、精子もかなり変動するのです。「顕微授精が必要=自然妊娠しない」でもないのですね。
少しでも妊娠する可能性をあげるために、一般的な基本検査や性交渉も重要なのですね。

前医で採卵7回、胚移植10回後の妊娠例

前医で、採卵7回、胚移植10回受けた40歳の方がクリニックにいらっしゃいました。
AMHは1.3と42歳相当で、ほぼ年齢相当。男性因子もあり。
子宮鏡と子宮卵管造影検査で、子宮内に問題はないことを確認し、1回のAIH後、顕微授精を来院後1ヶ月で施行しました。子宮鏡検査で、着床障害の原因がないことを確認することは重要です。
ショート法でしっかりと排卵誘発し、10個採卵(この方では最多採卵数)。顕微授精をして8個受精。初期胚で1個胚移植するも妊娠せず。
2ヶ月後に、凍結胚盤胞を移植し、妊娠されて卒業となりました。
この方は、すぐの体外受精をご希望されましたので、特別な準備はされませんでしたので、とても幸運だったと思います。あえて言えば、できるだけたくさんの卵子を採卵する方針としたことでしょうか。
今後良い経過であることをお祈りするばかりです。

6月、2回目の10人妊娠されました!

6月10日(金)に、今月2回目の妊娠二桁到達となりました。
今月は2回目の10人以上妊娠到達であり、非常にうれしいです。ひと月に2回の10人妊娠は初めてではないでしょうか。
今日は、梅雨にもかかわらず天気が良く、私の気持ちも落ち着いていますし、今月の妊娠の方の報告もブログにアップできて、こんな日が続くと本当に平穏な日々を過ごせるのですが、、、
実際には、毎日、どうしたら妊娠できるのかと、葛藤の連続なんです。一方、だからこそ、妊娠された場合のうれしさはひとしおなんですね。
職員へのお知らせの大入り袋は、新バージョンにしました。
「妊娠達成袋」とすることにしました。今後も数多くの「妊娠達成袋」を配れて、皆さんの妊娠を職員と一緒に喜びを共有できる機会が増えることをもっと増やしたいと思います。


単角子宮での妊娠/卒業

先日、単角子宮の方が体外受精(凍結胚移植)で妊娠されて、卒業されました。
単角子宮とは、子宮を形成する左右のミューラー管の一方が萎縮しており、片方のミューラー管から形成された子宮です。単角子宮は不妊症とは大きくは関係ないのですが、子宮内腔が狭いので、流産率は約50%とされています。


この方は、初回の妊娠で子宮外妊娠になり、卵管を切除しており、今後は妊娠するには体外受精が必要でした。
当クリニックでは体外受精により2回妊娠されましたが、2回とも初期流産となりました。約5cmの子宮筋腫もあったので、筋腫核出も考えていました。
今回、しっかりと排卵誘発し、1個移植して妊娠され、今回は無事卒業されました。この方は、30才代前半の方であり、卵子をたくさんとれたので、あと8個胚盤胞が残っています。
今後の良好な経過をお祈りするばかりです。
単角子宮、双角子宮、中隔子宮など、子宮奇形があっても、これが原因で不妊症になるわけではありません。したがって、このような子宮奇形があっても、不妊症の治療として手術をする必要(手術する意義があるのは中隔子宮のみですが)はありません。一方、流産を何度も繰り返す中隔子宮の場合には、手術する意義は十分あり、当クリニックでは日帰りでの、レゼクトスコープによる、中隔切除術をおこなっています。
一方、単角子宮、双角子宮には手術はできません。流産率は高いですが、半分の確率で出産まで行きますので、がんばって妊娠に突き進むことになります。
今度こそ、この方の経過が順調であることを祈るばかりです。